スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の自分の願望

Category : menu1 言霊
「本当の自分の願望」を知るには、「自分の葬式」を想像してみるとよい。

自分の葬式で「何と言って偲ばれたいか?」。そこにあなた自身の「本当の願望」に対する答えがある。
スポンサーサイト

音楽には

Category : menu1 言霊
「音楽には亡くなった方々の安息を祈り、生きている人たちの未来を願う力があると信じている」 
指揮者 佐渡裕さん


「音楽」を適当な「○○」に置き換えると、音楽以外のすべてに当てはまる素晴らしい表現だ。

理と情

Category : menu1 言霊
「大事は理、小事は情をもって処す」

人には理と情のどちらも重要だが、ここ一番では理が優先される。成功するには時に非情でなければならない、ということがよく言われる。

では、なぜこれができないのか?
性格が優しすぎるのだろうか。おそらく、一番の理由は、大事か小事かの判断をできないことではないだろうか。どこがポイントであるかを見誤る、または、見つけられないと理・情の出番もない。

僕も注意しよう。

結婚とは

Category : menu1 言霊
古新聞を見返していると、興味深い表現があった。


テーマは、結婚とは


フランスの作家 サン=テグジュペリ
愛する。
それは、お互いに見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向をみつめることである。


古代アテネの詩人 エウリピデス
人の持つ一番の財産は、共感してくれる配偶者である。


イギリスの政治家 チャーチル
私の業績の中で最も輝かしいことは、妻を説得して私との結婚を同意させたことである。


古代ギリシアの哲学者 ソクラテス
とにもかくにも結婚せよ。
もし君が良い妻を得るならば、君は非常に幸福になるだろう。もし君が悪い妻を持つならば、哲学者となるだろう。そしてそれは誰にとってもよいことなのだ。


興味深い言葉がならぶ。

青春とは

Category : menu1 言霊
青春とは心の様相を言い、理想を失う時に初めて老いがくる

サミュエル・ウルマン



あなたは青春の真っ直中、それとも、老い始めていますか?
どちらかを選べと言われたとき、私は前者を選びます。あなたは?

料理

Category : menu1 言霊
「料理とは人生と個性を調味料につくるもの」

祖父・父・娘と3代続けてミシュランの3つ星を獲得した唯一の家系の娘アンヌ=ソフィー・ピック氏の父の口癖。


この前、生まれて初めてビーフシチューなるものを洋食屋で食べた。煮込まれたビーフがとろけるようだった。そしてシチューのおいしいこと。パンにつけ、すべて平らげてしまった。

残念なことに、味がどうのこうのとコメントできず、美味しいとしかわからない。冒頭の言葉を舌で感じ取るほどの能力がないのだ。単なる野菜ならば、おいしいかどうかは多少わかるのだが。

幸せなのか不幸なのか、どちらなのだろうか。でも、素敵なお店でした。長年、地元の人に愛されているらしい。みーちゃん、ありがとう。

Category : menu1 言霊
「観覧車 回れよ回れ 想ひ出は 君には一日 我には一生」 栗木京子

※一日は「ひとひ」、一生は「ひとよ」
栗木京子さんは歌人。1954年名古屋市生まれ。彼女が20歳のときに作ったこの歌は、戦後に詠まれた青春歌の代表の一つに数えられているそうだ。

このような短歌を読むと、日本語は美しいと思う。

夢中が、つづく。

Category : menu1 言霊
ワコールCW-Xといえば、イチローが着用していることで知られるスポーツタイツだ。

昨日、CW-X 2011秋冬カタログを偶然、手に入れた。その中の言葉


夢中が、つづく。

カラダを動かすことは、生きること。
その一つひとつの動作に思いがこめられている。


たしかに、その通りだ。
それにしても、イチローが着用しているタイツは格好いいな。俺に似合うかな?

がんばろう

Category : menu1 言霊
尽人事而待天命

全身全霊でがんばろう

大変

Category : menu1 言霊
「大変」という字は、「大きく変わる」と書く。実は、ピンチはチャンスなんです。

先日読んだ、信濃毎日新聞のある記事に出ていた言葉の一部である。

確かにね。その通り。自分の弱いところは、長所を伸ばすよりも伸ばしやすい。ただし、伸ばした結果が他の人と横並びになっただけでは意味がない。それであれば、オンリーワンを目指し、長所をさらに伸ばすのが良い。

さあ、どこをどうしようかな。

Category : menu1 言霊
「自分を曲げられない人と曲がらない人は違う。私は人に言われたことを全て吸収して、でも芯はゆるがない。そんな人間でいたい。」
柴咲コウ 日本経済新聞2010年10月5日夕刊

映画「岳」の一場面、二重遭難を覚悟で救出に向かうか否かの場面、リーダーは彼自身の信念をもとに指示を出した。

正解はない場面、それまでの生き様が問われる。

Category : menu1 言霊
「魂を込めて仕上げてあります。」

アウトドアブランドARC′TERYXの2008年FWカタログに出てくる表現。

世の中に商品カタログは星の数ほどあるが、このような表現は見たことがない。

2006年FWカタログにも
「創造と開発。アークテリクスを定義する言葉である。業界をリードし、一つの規範となる技術的な革命とはいきなり起こり得る事ではない。「Evolution in Action」常に進化を求め前進し続けて始めて成し得ることである。」とある。

カタログ自体も独創的なものだ。アウトドアブランドというより、イタリアやフランスの高級ブランドだ。

戦略的なものと思うが、どのような社風なのだろう。とても気になる。
プロフィール

すーさん

Author:すーさん
まわりを高峰に囲まれた土地、信州・八ヶ岳山麓より発信しています
→山梨県の桃源郷へ引越ました。桃の花が咲く季節は絶景ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。