スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プロフェッショナル 仕事の流儀2」 NHK出版

Category : menu2 本
少し前の本です。興味深い表現がありましたので、ご紹介。


「忙しいからこそ、きれいに整理しますね」
「整理するのは、リスクの回避という意味もあるんです」
「コミュニケーションこそが、人間の知性の本質である」
「チャンスは準備のできたものに訪れる」


本年も一年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

南国へ

Category : menu6 歳時記
本日、用事で渥美半島へ出かけました。約15年ぶりくらいの渥美半島です。

南国は暖かく、菜の花が満開でした。走っているバスも菜の花の写真でラッピングされており、寒い国から来た者にとっては、まばゆいばかりでした。三河湾もまぶしく輝き、風車もたくさんならび、北風を受けてゆっくりまわっていました。キャベツ畑が一面に広がっていました。

同じ日本国内、こんなにの違うのか、知識ではわかっていても、実体験は違います。道中の車内も暑い暑い。温度差が激しすぎ、体調がおかしくなりそうです。つい数日前まで、最高気温が1度の世界にいたので。

ただ、高いところでも標高数mのところが多く、先の大震災のような大津波がくると逃げるところがない、という実感です。実際、太平洋に直接面しているので、大惨事になりそうです。一応、避難場所は指定されているとのことでしたが…


ボールペン

Category : menu9 モノ、道具
赤・青・緑のボールペンが欲しくなり、文房具店へ行きました。
最近のボールペン売り場はカラフルで、種類も多くなっていました。書き味・色の発色・携帯性・デザインから三菱鉛筆のスタイルフィットという、少しオシャレな洗練されたデザインの商品を選びました。

3つの線幅・16種類の色、合計48本の中から選ぶという、一昔前では考えられない品揃えです。おまけに、外見のデザインでは一部の色に限定デザインもありました。消費者の好みの多様化を受けたものなのでしょう。これだけの種類があると、店頭での場所取りも大変だと思われます。三菱鉛筆のような大手であれば売り場を押さえることは比較的容易でしょうが、中小企業では難しいでしょう。また、開発にも時間がかかるため、中小企業にとってはリスクのある事業になるため、いつみても同じようなメーカーしかありません。

私が無知なのでよく状況がわらかないのですが、欧米などの文房具売り場はどうなっているのだろう?日本のメーカーは輸出をしているのかな?

忘年会

Category : menu6 歳時記
仕事納めの本日、業務は15時で終了。その後の忘年会も無事終わりました。

本当に、あっという間の1年。激動の1年という年でした。リーマンショック以来、ビジネスの世界が急激に変化しているように感じます。攻め続けるしかない、現状維持は負け組という感じです。

年末年始の1週間、実家へ帰省します。有意義に時間を使い、パワーアップしたいと思います。

凍結、滑ります!

Category : menu6 歳時記
今日、原村にある「もみの湯」に行ってきた。このところの寒波で露天風呂へ行くマットが凍り始めた。滑りやすいので、慎重に歩き、露天風呂へはいる。

昨日の最低気温はマイナス10度、今朝はマイナス8度、今日の最高気温は1度。寒い寒い。今朝の寝ている部屋(室内)の温度はマイナス1.6度くらいだった。先日からトイレは凍り、水は出ないし、コタツに入っていても寒さを感じる。

これだけ冷えていると、雪はサラサラのパウダースノーだが、バックカントリーでは、私のスキー板は太刀打ちできないだろう。スーパーファットが欲しいところだ。もっとも、雪が降っているのは北信で、八ヶ岳の山麓では全然降っていません。

年賀状

Category : menu6 歳時記
年末の恒例行事、年賀状の作成が先ほど終わりました。例年、もう少し遅いため、遠くの方には元旦に届いていないかもしれないので、今年は頑張りました。

といっても、投函するのは明日の夜なので、遠くの方は危ないかもしれない。田舎にすんでいるため、近くのポストは回収が1日1回なのです。茅野市の郵便局まで持って行けばよいのですが、往復約1時間はもったいなので。

もっとも、私は枚数が無いに等しいので数時間で終わるのですが、枚数の多い方はご苦労様です。

Category : menu6 歳時記
人間の身体のうち、60~70%くらいは水分だそうだ。そして、生きている限り、水分は体から外部へ自然と出てしまうので、毎日、絶えず、水分をとることが必要になります。

この水分、普通の家では水道水を使い、料理などから摂取します。もし、水道が使えなくなったときのことを考え、水を蓄えてありますか?先の東日本大震災の後、当分の間、ミネラルウォーターは品切れでした。

ということで、本日、水の入れ替えをしました。私の台所には、2Lの空のペットボトルへ水道水を補充して18本並べてあります。その他、商品として販売されているミネラルウォーターを箱買いして、2箱おいてあります。大地震などに備えて、ということもあるのですが、毎年恒例の水道管の凍結に備えてというのが一番です。

実は、クリスマス寒波でトイレの配管がまたまた凍ってしまいました。一昨日の23日、夕方7時に買い物に行ったとき、国道20号にある温度計はマイナス5度でした。明け方にはマイナス10度くらいになったようです。さすがに寒く、自然と鼻水が出てきてしまいます。

水道管が凍ると、水のありがたさを実感します。今年も、実感をする時期が来てしまいました。わざわざ感じたくは無いのですが。

「竜ヶ岳」登山記録

Category : menu3 山
今が旬の山へ行ってきました。旬であるポイントは2つ。
・ダイヤモンド富士を見ることができる時期
・来年の干支にちなむ山


実は、自分の過去の登山記録を調べると、5年前の12月24日も登っていました。ということで、5年間の変化をみながらの登山になりました。

出発は本栖湖キャンプ場を午前5時40分、山頂へ7時20分着。休憩なしのノンストップ。寒いので汗も出ません。ダイヤモンド富士は、前回の記録から午前7時40分過ぎなのがわかっていたので、カフェオレをつくり、パンを食べました。

山頂には6人いました。気温はマイナス5度くらい。手袋・耳当て・ダウンジャケットがないと我慢できません。今回のダイヤモンド富士はまずまずでしたが、写真としては前回のがよかったです。ダイヤのような8方向へ広がる光がうまく出ませんでした。

登山道の状況は、残雪が一部一部ありましたが、アイゼンは全く不要でした。降雪直後でなければいらないでしょう。注意するのは、キャンプ場の駐車場から登山口まで、分岐が多くあります。A3程度の大きさの白い標識がポイントごとにあるので、これを見落とさないようにしましょう。当然、山頂でダイヤモンド富士を見るときは、途中まで真っ暗です。ヘッドライトは必需品です。

登山ブームもあり、来年の干支にちなむ山として雑誌にも取り上げられているので、5年前より日帰り登山の人は増えています。下山すると9時20分でしたが、途中、大勢の老若男女とすれちがいました。駐車場も車がたくさんありました。もっとも、とても広いので満車になることはありませんが。注意するのはトイレです。キャンプ場内にはボットントイレしかありません。きれいなトイレを求める方は、道中に済ませておきましょう。

ということで、今年の登り納めが無事終わりました。

講演会

Category : menu7 think,hope,wish
昨日、信州大学でアルパインクライマー・横山勝丘(よこやまかつたか)氏の講演会がありました。是非、出席したかったのですが、平日で年末進行の業務の中、時間をつくることができませんでした。残念。

氏は信州大学山岳会出身で、現在の日本を代表するアルパインクライマーの一人です。「Do what you love, Love what you do  どうして僕は山にのぼるのか」というテーマで、内容にも興味がありました。

現役の第一線で活躍しているアルパインクライマーの話を聞くチャンスはめったにないので、次はものにしたいです。

凍結

Category : menu6 歳時記
今朝、トイレの配水管が寒さで凍結した。昨日の朝より少し暖かかったので予想外だった。トイレの間取りが西側の壁際にあり、冬はほとんど日が射さないのも影響したのだろうか。最近数日の冷え込みで日陰は雪が解けずに残っており、トイレ内の気温も0度以下になっている状態だったが。

この冬の寒さとともに暮らしてゆくのに大活躍するのが登山用品です。先の東日本大震災の際も大活躍でした。では、具体的にご紹介。

1 エアーマット
  サーマレストを代表とするエアーマットをシーツの下に入れると、睡眠の度合いが激変します。これがないと、寝ていて背中から寒さが身にしみこみ、途中で目が覚めます。

2 銀マット
  テントやシュラフなどの下に敷く銀マット。最近ではホームセンターでサイズの大きい物も売っています。これをコタツの下布団の下に敷きます。コタツの熱を反射するため、暖かさがアップします。風呂用のマットでも代用できます。もちろん、お尻の下に敷くのも効果抜群。

3 シュラフ(寝袋)
  冬は、シーツの下にエアーマットを入れ、シュラフの上に毛布をかけて寝ます。年内や3月以降など、それほど寒さが厳しくないときは化繊のシュラフ、大寒の頃はダウンのシュラフを使います。シュラフがないと越冬できません。地元の方の話では、昔は寝ているとき、自分の息で顔の周りは凍っていたとか。

4 シュラフカバー
  本格的に寒くなると、シュラフカバーの中にシュラフを入れます。もちろん、シュラフのファスナーはしっかり閉めます。

5 テントシューズ(ゾウ足)
  寒いとき、テントシューズも役立ちます。部屋を移動するとき、料理をするとき、足下がとても冷えます。ダウンのゾウ足は最高です。

6 ダウンジャケット
  部屋の中ではダウンジャケットを着ます。最近はユニクロの激安商品が話題になりましたが、手放せません。もう5年以上使っており、すっかり色あせてしまい、外で着るのに少し恥ずかしくなってきています。そろそろ外出用に新しいのが欲しいです。

7 テント
  さすがにテントは使っていません。が、部屋の広さに余裕があれば、テントを張りたいです。
東日本大震災などのときには、避難した方・ボランティアの方のテントがよく映像に出ますが、体育館などの天井の高い建物では、テント・マットの有無で環境が大きくかわります。


最近、めっきり山へいく回数が減りましたが、室内で大活躍しています。今週末くらい、登山納めに山へ行こうかな?



  

  

ダブルクリップ

Category : menu7 think,hope,wish
少し前、書類を留めるダブルクリップが必要になり、100円ショップで12個入りを買った。普通の文房具店よりお値打ちに買えるだろうと思ってのことである。

その後、ホームセンターの文房具売場へたまたま立ち寄ることがあった。ダブルクリップを探すと、28円だった。1個28円?と思ったが、パッケージ商品で6個入りである。6個28円だと100円ショップより相当安い。商品をよく確認すると、その店が独自に中国から仕入れたものであるようだった。

ものは試しで買ってみた。パッケージを開けて商品を手に取ると、使い勝手は悪くなさそうである。後は、耐久性だ。100円ショップのものは、ダブルクリップに負荷がかかると金属疲労?からか、自然に折れることが度々あったのだ。

昨今、デフレにより、少々の安値にびっくりすることは無かったが、久しぶりに目を疑うような価格だった。幾らが適正価格かという判断は難しいが、ものの価格について考えざるを得なかった。

「Wannnyan Walker (わんにゃん ウォーカー)」

Category : menu7 think,hope,wish
ヒトがペットを飼っているのか、それとも実際は、ペットがヒトを飼っているのか?

子供が独立し老夫婦のみになった家や夫婦のみ、また、単身世帯では、犬や猫をペットとして飼っているところが多いように思う。家族同様、家族の一員として一緒に暮らしているという。統計資料などがあるのかどうかわからないが、高度経済成長期と比べるとペットを大切に家族同様にしている家は増えているのではないか。私の住んでいる小さな町にも、ヒトの産婦人科のある病院や医院はないが、ペットの動物病院はある。

先日、近くのホームセンターで「Wannyan Walker 12月号」を手に入れた。もちろんフリーペーパー。初めて手に取ったのだが、それなりに濃い内容に見える。フルカラー40ページ、連載記事もあり、芸能人のペットも載っていた。今月号は倉科カナさん。もちろん、私の知らない芸能人だ。今風のかわいい女の子のようだ。

紙面の中で印象に残ったのは、「送って楽しい!もらってうれしい! ペット年賀状の作り方」という特集。室内撮影にゃんこ編、屋外撮影わんこ編とある。先生は犬猫写真家の新美敬子さん。ペット目線で撮ろう、などポイント指導もあります。なるほどなるほど。

見ていて、別世界をちょっと覗いた感じ。東京ウォーカーやハイウェイウォーカーのように、手慣れた感じで紙面づくりがしてあります。○○ウォーカー、と名付けるあたりから計算づくなのでしょう。流行をつくるには、世間の半歩先を行くと良い、といいます。編集者の目が確かなのと新しい?流行を確認した出来事でした。

ミルクキャラメル食パン

Category : menu9 モノ、道具
スーパーで「森永ミルクキャラメル食パン」というものを見つけ、つい買ってしまった。製造者は敷島製パンで、PASCOブランドとして店に並んでいます。

この商品、6枚切りで普通の食パンと同じように売られていますが、パッケージが違います。あの、ミルクキャラメルと同じ黄色パッケージで「滋養豊富」「風味絶佳」という文字まで入れられており、雰囲気抜群です。

原材料名の中に「ミルクキャラメルソース」というものが含まれており、実際、袋を開けると、ミルクキャラメルの香りがほんのりと広がります。トーストして食べ始めると、しばらくしてわからなくなるけど。

話題づくりとして面白いです。興味のある方は是非食べて下さい。

天然ブリのお刺身

Category : menu6 歳時記
19時過ぎ、地元のスーパーへ行くと、鮮魚売場で富山県産の天然ブリのお刺身が並んでいました。色も素敵で、夕食前だったので涎が垂れそうになり、勢いで買ってしまいました。お値段も良かったのですが、閉店時間が近く、お値打ち価格になっていたのも大きいです。

さて、早速頂きました。おいしーい。脂がのっていて、舌の上でとろけていくような感じ。有名なブリしゃぶも食べたくなりました。「天然ブリ」自体、食べた記憶がないので、年末でも新しい経験ができました。

「寒ブリ」といえば、越中富山の氷見。北海道沖から南下してくるブリが能登半島より南にいると、自然に富山湾に集まります。そのため、天然の生け簀とも言われるほど魚が豊富で、12月~2月末が寒ブリの旬です。

そして、あまり知られていませんが、氷見市内にはおよそ11の温泉があり、氷見温泉郷と呼ばれています。温泉好きには興味のある温泉もあるので、温泉で体を暖め、海の幸で体力をつけ、この寒い冬を乗り切ろうかと思っている間に、自然と頭の中で旅行プランができてしまいました。

後は、豪雪で高速が通行止めにならない週末を狙えば、すべてOK。できれば晴れて、富山湾越しの立山連峰の雄姿を雨晴海岸から見たいな。

「俺は、中小企業のおやじ」 鈴木修 日本経済新聞社

Category : menu2 本
自動車メーカー・スズキを育てあげただけあり、内容は面白く、また、示唆されることも多い。

ご本人は「運がよかった」というような表現をしているくだりも所々で見られるが、「運も実力のうち」と考えれば、日々の努力が結果に結びついているのだろう。

今月発売になった、スイフトスポーツはとても期待されていた車だ。昨年モデルチェンジしたスイフトの評判が大変よいだけに、楽しみだ。田舎では日常生活と切り離すことのできない車に関係する話題も多いので、面白かったです。

冬山天気予報

Category : menu3 山
本日から来年1月15日まで、北アルプス北部・南部・八ヶ岳の冬山天気予報のメール配信が始まりました。

予報するのは、山岳気象予報の第一人者・猪熊隆之さんです。山と渓谷社から「山岳気象大全」を出版し、また、山岳雑誌へ気象について連載記事を執筆されています。

この予報は2008年末から始まりました。八ヶ岳山麓にすんでいる私には毎シーズン役に立っています。費用は無料ですが、より高度な情報や他地域については有料で配信されているようです。詳しくは、日本山岳会のHPをご覧ください。申し込み方法などについて案内があります。会員でない人も申し込みができますよ。

フランス料理

Category : menu7 think,hope,wish
フランス料理は芸術だった。


先日、フランス料理のフルコースを初めて経験しました。ふーん、なるほど、へー、すっげー、ふむふむ、色々なことを勉強してきました。

人生一度は経験しなければと思い、清水の舞台から飛び降りる覚悟で店に予約を入れました。ロケーションもすばらしく、天井・欄間・柱の隅々にまで精密な絵画や彫刻がほどこされ、さすがに登録有形文化財の建築物でした。

料理で一番印象に残ったのは、コンソメスープ。黄金色に輝く透明な液体。私の拙い日本語では語れませんし、再現することも不可能です。何をどのようにすると、あのようになるのだろう。


2011年は、未知の世界を体験し、積極的に動くという意識で過ごしてきました。来年は、より深く掘り下げていこうかと考えています。まだ、来年まで2週間あります。来年の方針をしっかり熟慮したいと思います。

「「先まわり」手帳術」 大田正文 サンマーク出版

Category : menu2 本
先日、来年用の手帳を書店で購入したとき、同じ棚にならんでいた一冊の手帳についての本も衝動買いしてしまった。

今まで、手帳術などの本を数冊ほど読んだことがあるが、今一つピンとこなかった。今回の本は、サブタイトルなどに「1年以内に夢がかなう」「人生を変える手帳の書き方」などと、今までの手帳術の本とは少し異なる視点で書かれているようで、手に取った。

内容はというと、手帳術というより、仕事術というか、人生術というほうが正しいのだろう。大きくまとめれば、人生の目標を書き出し、それを細分化し、日々の予定に落とし込むという、PDCAの流れをつくることが事細かに記されている。

なるほど、簡単だ。だが、継続するのは難しい。何かの講演会か書物で読んだのかは定かでないが、話を聞いて実践するのはその中の1割、さらに継続するのはその中の一部ということで、ノウハウや秘訣を公開しても自分にライバルが現れることはないという話がある。

来年は、新しい手帳を購入したので、手帳を上手に使うことにしよう。ちなみに、購入した手帳は今年の11月から欄があるので、今のところ、毎日記入しています。まだ、上手に使いこなしているとはとても言えないレベルですが。

オリーブオイル

Category : menu6 歳時記
12月に入り、日に日に寒くなってきているような気がする。そして、台所の温度も下がり、オリーブオイルが固まり始めた。

パッケージには、固まったり、白く濁り始めたとき、ぬるま湯などにつけると元に戻ると書いてある。でも、そんなことをしても、すぐに固まり始めてしまうので意味がない。これからは、毎回利用する前、シェーカーのようにオリーブオイルを振ることにしよう。きっと、出しやすくなるに違いない。

キウイフルーツ

Category : menu6 歳時記
キウイフルーツを頂きました。山梨県産のもので、さっそく試食しました。


今まで、キウイフルーツについては全く知らなかったので、ちょっと調べてみました。

植物学的には…マタタビ科
国産の出回る時期…12月~4月
産地…愛媛・福岡・和歌山(上位3県で約60%)
輸入先…ニュージーランド(約97%)
原産国…中国(1904年、女性旅行者が種をニュージーランドへ持ち込み、品種改良により、今日のものへ変化)
名前…ニュージーランドで生産量が増え、輸出することになり、名前をキウイフルーツと命名。同国の国鳥が名前の由来らしい。
実が硬いとき…りんごと一緒の袋へ入れると、早く熟すそうです。


今まで、キウイフルーツというと、ニュージーランド産という認識でしたが、国産があることを初めて知り、びっくりしました。産地を調べると、東北地方まで広がっており、比較的、環境適応能力が高い種のようです。

今回頂いたのは実が黄色く、ゴールドキウイなのかな?今まで、いわゆる緑色のものしか知らなかったので新鮮でした。まだ、少しあるので、しっかり味わいたいと思います。ごちそうさまです。

運転注意!

Category : menu6 歳時記
11月中頃以降、りんごの品種は「ふじ」一色になり、他は終わってしまう。そのため、最近はみかんを食べていたが、そろそろ黄金の蜜がつまったりんごを食べたくなり、買い出しに出かけた。

12月に入ると、周りの山々が一層輝きだし、運転中、前を見ているのか山を見ているのかわからなくなる。今日は、八ヶ岳・横岳の大同心・小同心が輝き、甲斐駒・富士も輝き、もう、運転が危ない。まじめに前を見て走ろうと思うが、誘惑が多すぎていけない。

窓ガラスがスリガラスへ

Category : menu6 歳時記
今朝の最低気温はマイナス7度。この冬一番の冷え込みで、少し寒くなってきた。

そのため、今日の明け方、部屋の窓ガラスがすべて「透明ガラス」から「スリガラス」へ自動で変わった。といっても、明け方から太陽が射すまでの数時間限定で、太陽光により解けたらおしまいです。それまでは、部屋中、冷凍庫状態。もちろん、吐く息は白いです。

今、外では雪が舞っています。明日の明け方は、今日よりは暖かいでしょう。雪の降る日は冷え込まないので。

雪かき

Category : menu6 歳時記
明け方、とても静かで少し明るかった。夜半から雪にかわり、積雪は7~8センチありそうだ。

雪かきをするため、長靴を出した。この長靴、今春・宮城県でのボランティア活動のために購入したが現地では使わず(登山靴を使用)、結局、雪かき用に変身した、長旅を経験している長靴なのだ。

さて、この程度の雪かきなら鼻歌まじりだが、本格的に除雪車が動き始めると、雪かきも重労働になる。そして、この解けた雪が夜になると凍り、路面はアイスバーンになる。こちらも怖い。おまけに、昼間に雪が解けなかったおかげで空気は一気に冷え込み、冷凍庫状態になり、いよいよ冬本番に突入した。昨日より寒い。

リフト券パック

Category : menu7 think,hope,wish
今日、近くの温泉で、スキー場のリフト券パック特別購入券という、スポーツ用品店によくおいてあるチラシを見つけた。中身を見ると、ぱっと見、例年と同じだな、という感想だ。これでは、どこまで宣伝効果があり、客が増えるのだろう、という感じだ。

価格だけで見れば、リフト券特別パックは大人1枚およそ5000円だ。インターネット上にあるクーポンなどのサイトには日替わりで色々なチケットがならび、時々スキー場のチケットや、1日券付きの宿泊プランもでている。その価格はすごくお値打ちで、先日、私がよく行くスキー場のチケットがあり、つい購入してしまった。

もちろん、価格がお値打ちでも、満足できそうもないスキー場には行かないので、結局、滑るスキー場はほぼ同じだ。ただ、この満足というのは個々によって異なり、スキー場のコースや雪質から設備・レストランまで幅広い。

今の時代、バリバリ滑る人は少ないので、おいしいゲレンデ食など、アフターでお金を使うように仕向けたほうがよいのではなかろうか。さらに、高齢化社会の現在、滑る人より、滑らないけど遊びに来る人をいかにして取り込むかが重要なのではないでしょうか。そして、そのスキー場へ行く動機付けになるものをいかにして大人のハートへ響かせるかが勝負の分かれ目になるのでは。

会社の年間カレンダー

Category : menu6 歳時記
今日、会社から来年1年間の年間カレンダーが配られた。カレンダーという名前の通り、来年1年間の日付に休日と出勤日が色分けしてあるだけのA4・1枚の用紙だ。

つい目がいくのは、どこに連休があるかだ。実際、GW・お盆・年末年始くらいしか連休がなく、世間の3連休などは完全に無視されているので、切ない。

年をとると時間が早くなるので、スピーディーに仕事をすすめるよう、努力をしたい。

整理術

Category : menu7 think,hope,wish
欲しいときに欲しい情報を取り出すことが出来る。記憶から消えてしまったものも含めて。これを簡単に実行できる術がないだろうか。もちろん、手間暇をかける時間的な余裕がないので、簡単に日々できるという条件つきだ。

学生時代に読んだ「知的生産の技術」という歴史的古典、「超整理法」「整理HACKS!」「佐藤可士和の超整理術」…などなど色々な本を読み、最近流行?のクラウドも使っているが、方法が確立されたという感じがない。何かよい方法がないか、いまだに模索している感じだ。

分類しぎるとダメなのだろうが、雑誌・本・新聞記事・ネット上の情報など、様々な媒体のものをサクッと簡単に管理できる方法がないだろうか?

手帳

Category : menu9 モノ、道具
はじめて手帳を購入した。

毎年11月になると、ビジネス誌や情報誌などで翌年の手帳特集が組まれる。今まで特に気にしたことがなかったのに、なぜか今年は興味があり、雑誌も2冊購入し、とうとう手帳まで買ってしまった。

人生の半分が過ぎたためか、東日本大震災により人生を考えたからか、何も考えずに思いつきなのか、自分では今一つよくわからないが買ってしまった。

とりあえず、しばらく使ってみて感想などをブログにアップする予定です。

マウス

Category : menu9 モノ、道具
快晴の本日、ノートパソコンで細かい作業をするためマウスを購入した。

マウスを買うのは、久しぶりだ。約10年ぶりくらいだろうか。3店ほどまわり、かなり進歩していることを感じた。

ワイヤレスマウスは、いわゆる赤い光を出すマウスから、レーザー、青色LEDまでありびっくり。レシーバーもUSB端子から少し出っ張るだけの小型に進化していた。昔、買ったコードレスマウスのレシーバーは、小さなワッフルくらいのサイズだったのに。

USB3.0やブルーツゥース対応のマウスもあり、また、省電力化がすすみ、2年や3年電池交換が不要というものもあった。発売しているメーカーだけは、あまり変わらないようだったが。

あれこれ迷ったが、結局、オーソドックスなロジクールのワイヤレスマウスを購入した。以前もロジクールの製品を使用して調子がよかったのも決め手だった。

SOUL SLIDE 2012

Category : menu3 山
毎年1回しか発売されない、テレマークスキーマガジン「SOUL SLIDE 2012」を購入した。3年連続の購入になる。山スキーをしていたが、ヒールフリーに憧れていたのだ。

実際、テレマークスキーを始めたのは昨シーズンだが、板を購入したのは去年の3月だ。結局、そのシーズンはテレマークスキーを履くことはなく、昨シーズン、テレマークスキー教室なるものに参加して、一応、形だけ覚えた。だが、3月11日の東日本大震災もあり、今一つ盛り上がることなく、シーズンは終わってしまった感がある。

本日、雨の中、志賀高原ではスキー場開きが行われたようだ。今年は、どんなシーズンになるのだろう。毎年、ワクワクしたい。

初冠雪

Category : menu6 歳時記
今朝、暖かく、そして、静かだった。
この条件がそろうと…
と、窓を開けると、そこは雪国だった。車には5センチ程の積雪。

その後は気温が上がらず、夜はコタツにこの冬初めて電気を入れました。少しずつ冬の生活が始まります。
プロフィール

すーさん

Author:すーさん
まわりを高峰に囲まれた土地、信州・八ヶ岳山麓より発信しています
→山梨県の桃源郷へ引越ました。桃の花が咲く季節は絶景ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。