スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プール開き

Category : menu4 active
継続は力なり
さぼると疲れ激増

昨日、久~しぶりにプールへ。今年初です。プールは年中開いているのですが、自分の中では昨日がプール開き。

本当に久しぶり。結局350m位泳いで満足。シンクロ選手にはウォーミングアップにすぎない距離ですが。おまけに今日になって全身に筋肉痛が。登山とは使う筋肉が異なるのを実感中。

継続的に行くと「水をかぐ」という感覚をつかめるけど、ひさしぶりだと、ぜんぜんダメ。

ちなみに、泳いだプールは諏訪湖沿いのすわっこランド。夜8時以降は300円でプールやジム、温泉を使えます。きれいなプールで30分ほど泳ぎ、温泉へ直行。温泉がもう少しステキだと申し分ないのですが、贅沢を言わないようにしましょう。登山に行かない週末だけ行くことにしようかな。
スポンサーサイト

中央アルプス・烏帽子岳登頂記録

Category : menu3 山
いい山見っけ!

前の日曜日(6月10日)、登山に誘われました。候補は、長野県飯田周辺で、日帰りできる山。いくつかある中で、烏帽子岳へ行きました。

正直、名前すら知らなかった山。中央自動車道の飯田周辺はよく走るので見たことはあると思うけど、山並みがあるなという意識しかしていなかったエリア。

よい意味で期待を裏切ってくれました。小八郎岳までは序章、その後、植生の変化を味わいます。新緑がまぶしく、美しい道です。イワカガミが咲き始めていました。七合目過ぎから南側斜面が崩れ、巻き道のような感じで道がつけられ、次第に傾斜が増します。そして、軽い岩場をよじ登り、少し行くと山頂でした。

地元では人気のある山らしく、この日だけで30人以上の登山者。山頂は混んでいたので、すぐ近くの岩場のてっぺんで昼食。時々ガスが切れ、伊那谷が見えます。秋~春の天気の良い日であれば、南アルプスの美しい稜線が一望なのでしょうが、この日は恥ずかしがって出てきませんでした。

ステキな山を紹介してくれたO君に感謝。

八ヶ岳・北横岳登山記録

Category : menu3 山
雹がバラバラと降ってきた。米粒ほどの大きさで、木々の葉に当たり、雨より大きな派手な音を奏でている。空の雲行きが怪しかったが、まさか雹とは。

急いで大きな木の下に入り、まず、パートナーに雨具の上下を着させた。先日買ったばかりの雨具(パンツ)がもうデビューだ。そのため、雨具の着用も要領を得ないが、何とか濡れないですんだ。時間は12時前、八ヶ岳・北横岳山頂直下の最後の急斜面手前。正午から山頂で八ヶ岳の開山祭が始まるが、少し遅刻しそうだ。

あいにくの悪天となってしまった山頂には人が鈴なりだった。北横岳は今年で4回目だが、天気予報が良くなかったにも関わらず、例年通りの人出だ。雹はいつの間にか雨に変わり、時折激しく降る。風が無いのが幸いだ。式典は既に始まっていたが、何とか見える場所を見つけ、滑り込むことができた。

閉会の後は御神酒をよばれ、記念品(お札とバッチの入った封筒)を頂き、山頂を後にした。この頃には雨もやみ、遠くも見えるようになってきた。結果的に、開山祭の時に一番激しく降ったようだ。この雨で頭を冷やし、冷静に登山をするようにしなさい、という含蓄がこめられているのか。

開山祭の献花のとき、泣いていた方々がいた。昨年度、山で永眠してしまった方の関係者なのだろう。先日の雪崩の話ではないが、山は挑戦をする場ではなく、遊ばせていただいているという、謙虚な気持ちを忘れないということを再確認しました。

行きはロープウェイを使いましたが、帰りは歩いて下山しました。雨もあがり、さわやかな新緑の中、ウグイスの鳴き声などをBGMに心が開放されました。時々は歩かないといけないですね。

辰年

Category : menu4 active
京都の話題3回目。

辰年ということでもないが、龍を多く見た。昔から、龍は仏法を守る象徴らしく、仏法の教えを降らすということで、お坊さんが説法をとく法堂の天井には、龍の描かれているところがある。

今回見た中で印象深いのは3つの龍。同志社大学北にある相国寺の法堂に描かれた龍。大徳寺の法堂の龍。そして、妙心寺の龍。いずれも豪快かつ繊細に天井に描かれている。

法堂の中を龍を見ながらぐるっと歩くと、上り龍になったり下がり龍になったり、横に寝そべったりと、見る角度によって変わる。しかし、龍の目は絶えずこちらを見ている。いわゆる八方睨みなのだ。

また、特定の位置で手をたたくと、龍が鳴いて返事をする鳴き竜なのだ。相国寺と大徳寺では手を叩くことができ、龍がしっかり返事をしてくれた。

正確にはわからないが、大本山と呼ばれる、各流派の親分の寺の法堂に描かれているときが多いようだ。ということで、必然的に京都には龍が多くなる。ということは、ドラゴンズファンが多いのかな?でも、そんな話を聞いたことはないな。

龍に縁起をかつぎ、上り龍のようになれる年になりますように。と思ったら、もう6月、GWから一ヶ月です。
プロフィール

すーさん

Author:すーさん
まわりを高峰に囲まれた土地、信州・八ヶ岳山麓より発信しています
→山梨県の桃源郷へ引越ました。桃の花が咲く季節は絶景ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。