スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地ボランティア生活6

Category : menu4 active
9 現場での作業に使う道具
先発隊として被災地へ乗り込むのでなければ、ベースキャンプなどへ道具は用意されています。特別な指示がなければ、持参する必要はありません。
ただし、特殊技術をもっているのであれば、その道具を持参するのもよいです。今回、チェーンソーを持参されている方がいました。普段から仕事等で使われているとのことでした。

10 IT機器
☆携帯電話
必携です。ただし、通常の携帯電話ではインターネット接続ができない(情報量が少ない)ため、スマートフォンが理想です。
また、現地からブログに載せるため、文章をスマートフォンへ大量に打ち込む場合、キーボードがあると便利です。エレコムやリュードからBluetooth接続する折りたたみキーボードが商品化されています。

☆ノートパソコン
震災直後は使えませんが、電気が復旧しインターネットが使えるようになれば、あると便利です。特に、組織が大きくなり、総務的な仕事が必要になり、担当する場合は必携です。
ワイヤレス(無線)LANができるノートパソコンがよいでしょう。
また、個人で用意する必要はありませんが、大きな組織ではプリンター、いろいろな文房具なども必要です。

☆電源について
携帯電話の充電器は必携です。
ただし、宿泊するところによっては、充電できない(電気を使用できない)ところがあるため、単4乾電池などを携帯電話へ外付けする簡易充電器と乾電池を用意する必要があります。
また、三洋電機・エネループ・モバイルブースター(KBC-L2BS)という商品は、約4時間出力できるUSB出力付リチウムイオンバッテリーです。
車があるときは、車のシガーライターを増設するパーツにUSB対応のものがあるので、用意をしておくと車内でスマートフォンの充電ができます。

今回の様子
携帯電話は、約8割の人がスマートフォンでした。さすがという感じです。電気は使用できるようになっており、携帯電話への充電も可能でした。ただし、充電器はありませんので、持参する必要があります。
長期の方はノートパソコンも持参しています。唐桑VCでは無線LANができるようになっていたので、交互に接続してインターネットを使用しているようでした。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

すーさん

Author:すーさん
まわりを高峰に囲まれた土地、信州・八ヶ岳山麓より発信しています
→山梨県の桃源郷へ引越ました。桃の花が咲く季節は絶景ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。