スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南八ヶ岳縦走」 登山記録4

Category : menu3 山
さて、このシリーズも4回目。今日で完結です。今回は、秋の天気と装備について。


一日の中に四季がある天気。それが秋の高山。


今回、事前の天気予報は、29日(土)は曇り時々晴れ、30日(日)は曇りのち雨という天気予報でした。八ヶ岳の最高峰・赤岳の標高は2899m。気温は標高差100mで約0.5度下がることから、関東平野や濃尾平野などと赤岳山頂とは、およそ標高差が3000m、気温差は約15度になります。さらに風速1mで体感温度は1度下がると言われています。このことから、30日は山の稜線では雪の降る可能性が十分にありました。

さて、実際の天気はというと、土曜日は快晴、日曜日の朝はくもり、10時~10時30分頃は吹雪、その後は弱い雨でした。ちょうど、権現岳山頂についたときから吹雪になり、大粒の雪が降り、見る見る白い世界に変わりました。二日間の天気を見ると、晴れ・くもり・雨・雪があり、気温の変化も暑い~寒いまで幅の広いものでした。

これだけの差に対応するためには、しっかりした装備が必要です。ピッケルこそ登山口で車に置いていきましたが、アイゼンは持参しました。また、服装も雪山対応できるレベルの装備にしました。

天気が晴れれば「夏山」、悪ければ「雪山」になるのが秋の高山です。しっかりした装備を用意して、遊びましょうね。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

すーさん

Author:すーさん
まわりを高峰に囲まれた土地、信州・八ヶ岳山麓より発信しています
→山梨県の桃源郷へ引越ました。桃の花が咲く季節は絶景ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。