スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷川等伯

Category : menu4 active
安土桃山時代~江戸時代にかけて活躍した画家だが、勉強不足の私はよく知らなかった。

今年のGW後半、ささやかながら復興への一助になればと思い、福島県を中心にスキーと観光を計画していた。が、天気予報がよくなく、初心者を連れての山スキーはリスクがある。ということで直前に変更し、京都へ勉強に行った。

狩野永徳(1543~1590)は狩野派のエースとして有名だが、ほぼ同時代に長谷川等伯は生きている(1539~1610)。こんなことも知らなかった。上洛は30歳過ぎと遅いが、豊臣秀吉などに重用され、大寺院などに襖絵などを描き、有名なものが智積院(ちしゃくいん)に残されている。かつて京都にいたことがあったが、東山七条にある智積院には行ったことがなかった。

国宝「桜楓図」。本物を見ることができる。桃山文化を代表する作品。400年を経た作品なのだが、私に描けといわれても真似できない。すばらしい。形容詞を使うほど、陳腐な表現になってしまう。といって、豪華絢爛という桃山文化の説明で終わるのも悔しい。凡人にはコメントすらまともにできない。息子を亡くした父親の執念が描かせたのか。迫力の作品だ。

京都旅行について、不定期に連載していきます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【長谷川等伯】

安土桃山時代~江戸時代にかけて活躍した画家だが、勉強不足の私はよく知らなかった。今年のGW後半、ささやかながら復興への一助になればと思い、福島県を中心にスキーと観光を計画していた。が、天気予報がよくなく、初心者を連れての山スキーはリスクがある。というこ...
プロフィール

すーさん

Author:すーさん
まわりを高峰に囲まれた土地、信州・八ヶ岳山麓より発信しています
→山梨県の桃源郷へ引越ました。桃の花が咲く季節は絶景ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。