スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥秩父・金峰山登頂記録

Category : menu3 山
またまた、「てっぺんまで登れなかったのが残念。悔しいの」というので、風か強かったし、ヘルメットやハーネスがないとリスクが高いよ、といってなだめました。相変わらず、岩を見ると、かじりつくみーちゃん。

世間は3連休の初日の昨日、朝から金峰山へ出かけました。大弛峠へつくと、すでに駐車場は満車で、路肩へ置くことに。下界は暑い日々なのに、標高2360mの峠は寒いくらい。

峠から金峰山までは多少登りはあるものの、北アルプスのような急登はないので、順調にすすみ、予定通り昼前には山頂に。シンボルの五丈岩には多くの人がかじりついていますが、てっぺんまで行ったのは数人でした。

はじめて金峰山へ登るみーちゃんは、この岩をみるやいなや、休憩は後にして登ると言い、さっそくかじり付きます。が、中程にある段差を乗り越えられません。女性の皆さんは、皆ここで困っています。ようやく、ほかの女性にお尻を押し上げてもらい、何とか乗り越えました。しかし、この先は危険で、男性もほとんどは断念。僕もその一人。みーちゃんも諦めましたが、残念そうで、冒頭の言葉がでてきました。無理すればいけそうですが、落ちたときの代償はかなり大きそうです。

さて、ようやく昼食。みーちゃんお手製のお弁当を頂きます。うーん美味。食後にお茶をわかしますが、もう寒い。鼻水垂れ小僧です。ソフトシェルの上に雨具を重ね、ようやく暖がとれました。

朝の中央道では八ヶ岳や富士山ははっきり見えていたのですが、金峰山の山頂からは拝むことができず、遠望を楽しむことはできませんでした。次は、遠望を楽しめるときに登りたいな。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

すーさん

Author:すーさん
まわりを高峰に囲まれた土地、信州・八ヶ岳山麓より発信しています
→山梨県の桃源郷へ引越ました。桃の花が咲く季節は絶景ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。