スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北穂高岳 東稜コース」 登山記録1

Category : menu3 山
もう1週間たってしまった。
夢のような素敵な3日間だった。

今週のような不安定な天気ではなく、梅雨明け十日にふさわしい天気だった。

初日(先週の金曜日)、上高地~横尾までは時々雨が降ったが、雨具がいるかどうかという程度の雨だった。樹林帯の中を行くので、木々が雨をしのいでくれた。その後は天気が回復。

2日目(先週の土曜日)、朝から晴れ渡り、最高の登山日和。ただし、次第にガスがあがり、北穂高岳山頂では、大キレットから槍ヶ岳の眺めは全くなかった。

3日目(先の日曜日)、朝からガスが微妙にわき、天気が安定していない。横尾までは晴れていたが、稜線にはガスが出始めたりした。しかし、無事、上高地に到着。

3日間とも、行動は班別。今回は、北穂高東稜コース、北穂高登頂(一般ルート)、奥穂高登頂(一般ルート)、涸沢散策の4コースがあり、行動中と寝るところは終始同じグループだった。

人数は、スタッフ・ガイドを含め約45名。北穂高東稜コースは男性のみ6名、年齢は私が一番若く、平均すると50歳位のおじさんパーティーだった。他のコースは女性が7割くらいか。年齢も20代~40代が中心で、男性より一回りくらい若い。逆に言えば、あまり経験がないので、このようなツアーに参加しているのだろう。本当の初心者というような人もいたようだ。

大所帯で、涸沢ヒュッテの一つの建物の貸し切りだった。おかげで、一人一畳の寝るスペースを確保することができ、悲惨な状況とは無縁だった。
また、食事は初日は夕食、二日目は三食(昼は弁当)、三日目は朝食がつき、毎回の夕食には涸沢ヒュッテからワインの差し入れがあった。山小屋でワインを飲めるなんて、予想もしなかった。
ただし、有名な大きな山小屋のため、食事の内容は標準で、自慢するようなものではなかった。こちらは予想通りだった。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

すーさん

Author:すーさん
まわりを高峰に囲まれた土地、信州・八ヶ岳山麓より発信しています
→山梨県の桃源郷へ引越ました。桃の花が咲く季節は絶景ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。