スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北穂高岳 東稜コース」 登山記録2

Category : menu3 山
さて、今回のメインの2日目、北穂高岳東稜コース。
朝、5時に朝食が始まり、6時30分に集合し、全員で準備体操をして出発した。

途中までは北穂高岳の一般ルートと同じ。標高2650m付近から一般ルートとわかれ、北から北北東へ進路をとる。
雪渓をわたる直前でアイゼン、ヘルメットを装着し、ハーネスにザイルをつけ、アンザイレンをする。今回、北穂高東稜コースは定員6人で参加者6人の満員御礼、ガイドは2人。ということで、ガイド1人に3人がアンザイレンし、コンテニュアスで行動した。

東稜本体からの支尾根にとりつく。この直前で、先行していた他パーティーが大きな落石を起こし、ヒヤリとする。人の頭より大きな石が上から降ってきた。距離的には沢一つ分離れていたので、被害は何もないが、怖い。我々のガイドは先行パーティーと同じルートは危険と判断し、別の支尾根から稜線へ上がるルートをとり、東稜に上がった。

東稜へ上がるとルートはついており、特別に迷うようなところはない。といっても、初心者が見ると、どこがルートかは全くわからないと思う。高山植物の開花時期でもあり、道中は満開の花。写真撮影を目的として来るのも悪くない。東稜本体も岩場は巻けるようなので、撮影目的であれば、無理してゴジラの背などを登る必要もないだろう。といっても、今回は、わざわざバリエーションルートに申し込んでいるので、岩場を巻いていては意味がない。高度感抜群のところを行ったりする。途中、先行パーティーが核心部直前でもたもたしていたので、追い越してしまった。

そして、核心部ゴジラの背。慣れればなんていうことないのだろうが、初めて見ると、なかなかのもの。高度感も抜群。ここでガイドから待つように言われ、ガイドが50mザイルでルートを作る。スリングやカラビナなどを使い確保できるようにした。このような作業を始めて見たので、よい経験になった。なるほど、このようにザイルを使うのね。慣れればできそう。もっともザイルを持っていないので、まだできないけど。

さあ、OKのサインが出て歩き始める。私は、3人の中の真ん中を指名されている。さて、ぼちぼち行くかと思ったが、始めの出だしから高度感抜群。両側が切り落ちている。思わずビビッて腰が引ける。写真やビデオを撮っていたら格好悪いだろうな。まあ、岩にしがみつくような感じで切り抜ける。後は、まあまあ。ザイルで2ピッチが核心部で、終わってみれば、あっという間。核心部以外は、今までの経験でなんていうことはなかった。ザイルを使えれば、このような所も安全?に行ける。今回は道具や道具の扱い方を学ぶ目的もあったので、これで大満足。

途中、ガスが切れたときにまわりが見え、北穂高岳登頂一般ルートの参加者から黄色い声の応援が飛んできた。何しろ、向こうのパーティーはほとんどが女性、平均年齢は30歳くらいだろう。ガイドも明るい性格の男性だ。我々男8人平均年齢50歳くらいのパーティーとは明るさが違う。全体では同じグループなのに、ぜんぜん違う。同じ山を目指し、少しルートが違うだけなのだが、全く別の登山だ。うーん。どちらの登山が楽しいのかな~?

核心部の後は普通の登山道を進み、北穂高岳山頂にある北穂高小屋に出た。既に到着していた一般ルートの参加者から黄色い歓声で出迎えられ、少し恥ずかしい。そして、すぐ上の山頂でガイド・参加者8人全員で記念撮影をした。残念ながら、槍ヶ岳方面の眺めは全くなかったが、これはこれで良しとしよう。

コースタイムは、標高2650m付近の一般ルートから分かれるところが7時45分、北穂高岳東稜に出たのが8時40分、核心部通過後のコルが10時、北穂高岳山頂が10時40分ごろだった。ちなみに、途中で追い越した先行パーティーは1時間後くらいに小屋に着いた。また、昨年の北穂高岳東稜コースは初心者がいたので、もっと時間がかかったとのこと。今回は天候が安定した登山日和で、一定以上の力量のあるメンバーだったのでサクサクと登れた。が、天候・パーティーの力量によりバリエーションルートは一般ルート以上に差が出るので、コースタイムはあくまで参考です。
















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

すーさん

Author:すーさん
まわりを高峰に囲まれた土地、信州・八ヶ岳山麓より発信しています
→山梨県の桃源郷へ引越ました。桃の花が咲く季節は絶景ですよ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。